古川歯科医院イメージ
Line

シーラント

奥歯の噛み合わせ面(咬合面)には細い溝(小窩裂溝)があります。この中にプラークが侵入してしまうと、いくら歯みがきをしても完全に取り除くことは難しくなります。
こうなると溝の深い部分からのむし歯が出来やすくなります。あらかじめこの溝を特殊な樹脂で埋めてしまうのがシーラントです。歯が口の中に出たばかりの頃が特にむし歯にかかりやすいので、この時期にシーラントを施すのが効果的です。厳密には虫歯になった歯には適用できないので、危険な溝(細くて深い)がある場合は早めに処置を受けましょう。シーラントは年齢制限はありますが、健康保険が適応になります。
シーラント