古川歯科医院イメージ
Line

補綴治療 (義歯・冠・ブリッジ)

補綴治療(義歯・冠・ブリッジ)
歯の大部分やすべてを失った場合に冠(かぶせ物)・ブリッジ(残っている歯を支えに橋を架ける)・義歯(部分入れ歯・総入れ歯)を口の外で作って入れることを補綴治療といいます。補綴治療は咬み合わせを失った場合にこれを補ったり、見栄えを改善したりするために行ないます。基本的に歯の一部や全部を失った場合の治療ですから、こうなる前にきちんと対処したいところです。前歯は見た目も重要なので、これを十分考慮した治療を行ないます。奥歯も咬む能力が十分回復し、咬み合わせが安定するようにします。また、見た目が問題ない・他の歯で十分咬めるからといってそのままにしておくと、残っている歯が移動してしまったり、下あごが不安定な状態になって、いろいろな問題を起こすこともあるので、十分注意しましょう。

大きなむし歯で歯の大部分を失った場合や、歯を抜いてしまった場合は補綴治療(冠・ブリッジ・入れ歯)を行ないます。前歯の冠については審美性(見た目のよさ)も十分考慮します。

補綴治療1
  • 補綴治療2
  • 補綴治療3
  • 補綴治療4
  • 補綴治療5