古川歯科医院イメージ
Line

むし歯治療

虫歯が歯の神経まで及んで歯の神経を取ったり、過去に神経を取った歯で、根の先に膿の袋が出来てしまい、歯の根の治療をすることがたびたびあります。
歯の根の先には神経と血管が入ってくる入口があるのですが、この入口の穴をしっかりと薬(根充剤)で密封することが出来れば、将来問題が起きにくいのです。そのためには神経の通り道を十分に拡大する必要があります。今までは手指で操作するドリル(リーマー・ファイル)で行ってきました。歯の根というのは曲がっていたり、神経の通り道が狭くなっていたりで、苦労することがたびたびあります。
最新機器(X・smartplus)ではモーターでドリルを回転させます。ただ、回転し続けるとドリルは破断してしまう可能性が高いのです。これを解決したのがこのシステムです。ニッケルチタンという非常に柔軟性の高いドリル(RECIPROCファイル)を使用します。決まった角度で正回転と逆回転を高速で繰り返し、ドリルが破断しそうな力がかかると警報が鳴り、回転が瞬時に停止します。
これにより、今まで苦労した根(湾曲根管・狭窄根管)の治療が非常に効率的に行うことが出来るようになりました。しかも根の先の神経の入口を密封できる可能性がずっと高まりました。
X・smartplus+RECIPROCファイル1
X・smartplus+RECIPROCファイル2
冠や詰め物・入れ歯の高度な技術として、CAD(コンピューター支援による設計)とCAM(コンピューター支援による製造)が登場しました。以前より工業界では、精密機器の設計・製造には使われていた技術です。
歯科医師が型を取って、そこに石膏を流し込んで模型を作るところまでは今までと変わりはありません。歯科技工士がその模型を3Dカメラで撮影し、それをコンピューターに取り込みます。次に専用のソフトを使い、作りたい物をコンピューターでマウスを使い設計を行います。その後、ミリングマシーンという機械で専用の材料のブロックから設計通りのものを切削加工して、技工物を作り出します。専用のブロックにはジルコニア・天然セラミック・硬質樹脂などの種類があり、患者さんに適したものを選択します。その精度は驚くべきものがあります。
将来は今のように型を取らずに、診療室内で3Dカメラで患者さんの口の中を撮影し、そのデータを技工所さんに送る方法が一般的になる可能性があります。今のところ被せ物や詰め物などが主流ですが、将来は入れ歯への利用が期待されます。
歯科用CAD/CAMシステム1
歯科用CAD/CAMシステム2
今のところ被せ物や詰め物などが主流ですが、将来は入れ歯も出来るかもしれません。
平成26年4月より、硬質樹脂を使用するものに限って一部(前から4・5番目の歯に限る)健康保険の適用になりました。金属では無く白い歯なので患者さんには喜ばれています。ただし、金属よりも強度は弱い・将来変色の可能性がある・従来の接着剤との相性が悪く、特殊な接着剤が必要で操作が難しいなどの欠点もあります。ジルコニアや天然セラミックは変色の可能性は無く、強度も硬質樹脂より高いのですが、現在は健康保険の適用にはなっていません。
私も還暦をすぎてしまいましたが、歯科界の進歩に乗り遅れないように、日々精進しなくてはと思っています。
以下の写真・解説は懇意にしている歯科技工所ホリスの月岡哲英氏に依頼しました。少し専門的な内容もありますが、ご覧下さい。<歯科用CAD/CAMシステムの写真・解説はこちら>
もし運悪くむし歯になってしまったら、早めにきちんと診断を受けましょう。
むし歯は症状がないからと言っても自然に治ることは絶対ありません。ある程度進行してしまった場合は早期治療が原則です。ごく初期のむし歯の場合、お口の中の環境が非常に良いと進行しにくい場合もあります。今、やや危ない歯が来年・再来年になっても危ないままなら治療しなくてもいいと考えます。この場合フッ素の併用も考えます。
近年、MI(最小限の侵襲)という考え方があります。むし歯治療の材料や器具の進歩によって、歯に最小限手を加えることで治療を完了することです。
むし歯の進行段階それぞれMIの考え方で治療を行なっています。しかし、むし歯が進行すると歯に加える侵襲は大きくなってしまいます。
最近、奥歯の詰め物にも歯と同じ色のものを希望される方が増えています。
金属の詰め物との使い分けが必要と思います。ご希望の方は遠慮なくお申し出下さい。
むし歯が歯の神経(歯髄)に及んでしまうと、神経に手を加えるようになってしまいます。極力神経に手を加えるのは避けなくてはいけません。神経に手を加えたことにより、将来いろいろなトラブルを抱える可能性が高くなってしまうからです。これにより歯を失う可能性も高くなります。神経の治療にも最新の注意を払い、将来問題を起こさないことを目標にしています。
むし歯1
むし歯2
むし歯3
小さなむし歯に対しては、傷んだ部分を取り除いた上で、歯を部分的に修復します。前歯はコンポジットレジンを、奥歯にはインレーやコンポジットレジンを用います。奥歯については患者さんの希望をお聞きした上で、どちらが適当かを考えて治療します。