古川歯科医院イメージ
Line

う蝕(むし歯)とは

むし歯とはプラーク(歯垢)中の細菌の出す酸によって歯の表面が溶けて(脱灰)しまう病気です。人の口の中では酸により歯の表面が溶けたり(脱灰)・元に戻ったり(再石灰化)を繰り返しているのです。しかし、脱灰がより進みやすい環境が長く続くと、歯の表面に穴が開いてしまいます。これがむし歯です。
この悪い環境は、糖分の摂取の後に強くあらわれます。
むし歯が進行し歯の神経(歯髄)に近づいてくると、冷たいものや甘いものにしみたり、もっと進行すると痛みが出てきます。この痛みを我慢していると、やがて神経が死んでしまいます。一時的に痛みは止まりますが、死んだ神経が歯の中で腐り、やがて歯の根元に膿がたまり、2度目の痛みが出てきます。これを放置しておくと、やがて歯はぼろぼろになって、抜かなくてはいけない状態になってしまいます。
むし歯図
上の3つの円のすべてが重なり、そこに時間が加わるとむし歯が起こる可能性が高くなってきます。このうち円の1つでも欠けると虫歯は起こりにくくなります。歯がなくなるのは論外ですが、糖の摂取量を少なく、歯みがきにより歯の表面の虫歯菌を少なくし、食べたら早めに歯みがきをして時間を短くすればむし歯になりにくいのです。
むし歯の過程
C1
むし歯が歯の表面(エナメル質)にとどまっている状態です。ほとんど自覚症状はありません。
c1
C2
むし歯が歯の内部(象牙質)に及んでしまっています。冷たいものにしみたり、食べ物が詰まるとやや痛むことがあります。
c2
C3
むし歯が歯の神経に及んでしまった状態です。
何もしなくてもズキズキ痛んだり、温かいものでひどく痛みが出ることもあります。やがて、神経が死ぬと痛みはなくなりますが、死んだ神経が腐って根元に膿の袋が出来て痛みが出ることもあります。
c3
C4
神経が死んで根元に膿の袋が出来て、歯もボロボロになって、歯をお口の中に残すことが困難になります。
c4