長野県に油田?

最近ある雑誌を見ていたら、長野県に油田があったことを知り、びっくりしました。日本で油田といえば、新潟県や秋田県にあったようなことを社会科の授業で習ったような気がします。長野市のオリンピックボブスレー競技場の近くにあるとのことで、見学してきました。江戸時代から掘削を試みられていて、明治時代には日本初の商業油田として機能していたそうです。しかし採掘量や品質に問題があり、昭和48年に閉鎖されたそうです。現在は当時の採掘ポンプのみが展示されています。こんな歴史を訪ねてみるのもいいなと思った次第です。

一本木公園バラ

家から徒歩10分ほどのところにある一本木公園のバラはこの辺りでは有名です。先々週までバラまつりが行われていたのですが、今年はなぜか行きそびれてしまいました。昨日出産のために帰省している三女と散歩を兼ねて行って来ました。もう盛は過ぎているのですが、まだまだきれいな花が咲いている木もありました。中学時代からの友人のN君達大勢が休日以外のほぼ毎日出かけて手入れをしているそうです。家の庭にも以前バラが10本ほどあったのですが、手入れが大変でやめてしまいました。影で支えている人たちがいて初めて立派な花が咲くことを再認識しました。

一本杖スキー

先週の土日、お付き合いのあるフェロートラベルのイベントに参加するために焼額山スキー場に行って来ました。今回は残念ながら参加者は少なめでしたが、日本とオーストリア国交150周年記念ということで、上越市からレルヒの会の皆さんが来場され、見事な一本杖スキーを披露していただきました。レルヒ少佐は明治44年に日本陸軍の視察に訪れた際に、上越市高田で師団将校に一本杖スキー(正確にはリリエンフェルト式スキー技術)を教えたことで有名です。ここから日本のスキーが発祥したといわれています。また夜の懇親会では日本人初のオーストリアナショナルチームに在籍した経験をお持ちの志鷹慎吾さんの講演を聞かせてもらいました。お話の中で、スキー発祥は紀元前であったことに驚きました。

 

 

 

あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます。ブログの更新をすっかりさぼっていたら、新年を迎えることになってしまいました。今年66歳になりますが、通院してくださる患者さん、嫌な顔一つしないで頑張ってくれているスタッフ、そして家族のためにまだまだ頑張ろうと思います。年末から続いていた冬型の気圧配置もひと段落し、きょうは雲一つない天候に恵まれました。皆さんの今年も今日の天候みたいに明るいものとなるように希望しています。この年になっても今日のような冬景色に淡い憧れをもって暮らしています。