古川歯科医院イメージ
Line

『新しい歯の神経の治療(根管治療)』

2014年09月26日

X・smartplus+RECIPROCファイル

虫歯が歯の神経まで及んで歯の神経を取ったり、過去に神経を取った歯で、根の先に膿の袋が出来てしまい、歯の根の治療をすることがたびたびあります。
歯の根の先には神経と血管が入ってくる入口があるのですが、この入口の穴をしっかりと薬(根充剤)で密封することが出来れば、将来問題が起きにくいのです。そのためには神経の通り道を十分に拡大する必要があります。今までは手指で操作するドリル(リーマー・ファイル)で行ってきました。歯の根というのは曲がっていたり、神経の通り道が狭くなっていたりで、苦労することがたびたびあります。
最新機器(X・smartplus)ではモーターでドリルを回転させます。ただ、回転し続けるとドリルは破断してしまう可能性が高いのです。これを解決したのがこのシステムです。ニッケルチタンという非常に柔軟性の高いドリル(RECIPROCファイル)を使用します。決まった角度で正回転と逆回転を高速で繰り返し、ドリルが破断しそうな力がかかると警報が鳴り、回転が瞬時に停止します。
これにより、今まで苦労した根(湾曲根管・狭窄根管)の治療が非常に効率的に行うことが出来るようになりました。しかも根の先の神経の入口を密封できる可能性がずっと高まりました。

 

kiki01

kiki02